FC2ブログ

自由気(記)まま

気付いた時に気付いた事を自由に記して行こう!!というやる気あるんだか、ないんだかわからないブログ。 注意:コメントは自由ですが不適切と管理人が判断したものは勝手に消去します。
幻水2  5
ヒックスを入れたためにルックを本拠地に戻したはいいのだが、ヒックスまでもが本拠地に戻ってしまった。本拠地は今、レオナさん留守でメンバーチェンジ出来ないし…しょうがない、5人(主人公、チャコ、フリック、ナナミ、シロ)で行くか。

ラダトへスタリオンを仲間にしに行く。

ラダトから反対側の方へ行けることに気付き、傭兵隊の砦へ。地図を書いているテンプルトンに会う。会話だけで終わるので、次のトトの町へ行って再び話しかける。そうすると仲間になってくれる。

寄り道がてらふらっ?とサウスウィンドゥへ。道具屋の隣りにアダリーというじいさんがいるので話かける。このじいさん、いろいろめんどくさいのよ…身代わり地蔵もってこいやら、木の盾もってこいやら…風の封印球もってこいやら…。身代わり地蔵は、倉庫に預けてた(ただのガラクタとなんら変わりない扱い)から良しとして、木の盾!?そんな初期装備もってないっすよ。…結局、武器屋で買い求めました。風の封印球は投げつけてやりましたよ☆まぁ、こうして無事、アダリーさんを仲間にすることが出来たんだが、本拠地へ強制送還ってどうよっ!!?まだ寄り道し足りてないぞ、おっさん。

本拠地へ戻されたので、シュウさんに会ってくる。そろそろ、テレ―ズとピリカを同行者から外したいし…。
シンとニナもトゥーリバーから無事帰ってきて仲間になってくれた。

その夜、ナナミが部屋の前に居るから何かようかと思い外に出たら、寝ろとか言って寝かしつけられた。…ナナミよ、一体何しにきたのだ?

ジョウイの方では、ジルと婚約を発言が!!これにはルカもさぞかし驚いたことだろう。

翌日、会議と言って呼びに来られるが無視して、旅へ…。レオナさんも隣り町から帰って来たみたいだから、メンバー交代がようやく出来る。主人公、チャコ、スタリオン、シド、シロ、ゲンゲンで…。あ?すごっ!!

ゲンゲン入りってことで行くところは一つ!!さぁ出発!!スタリオン居るから移動がかなりスピードUP!!舟が高速って良いなぁー☆

コボルトの町。
着きました、コボルト。迎えに来たよ、カボチャ!!って、えっ、いないじゃん!!カボチャじゃなく違う人(ユズ)が仲間になりました。…何故か、羊3匹捕まえるの手伝いました。
よし、トゥーリバーの方のコボルトへ移動!!
っと、その前に紋章を…って、ジーンさんでは!?こいつは仲間にしなくては!!頼みこみましたとも!!即、仲間になってくれました。いい人や。

さて、目的のカボチャ…ゲンゲンが行ったらかなり笑顔で迎えてくれたよ。そして着いてくるっぽいから、仲間に。カボチャの家の本棚には「ゲンゲンさんの勇士日記」なるものが…そこまでゲンゲンを!?

さてと目的を達成させたから帰るか。本拠地へ。会議の内容はついに、あのマチルダと同盟を結べ!!ですって。ありがとう、シュウ兄さん。そして、行ってきます!!猛ダッシュで!!メンバーは主人公、チャコ、シロ、スタリオン、シン、ナナミ(本当はシロウが入ってたけど、ナナミが無理やり行くっていうから仕方なくチェンジ)

マチルダの森でビッキーに会い、仲間にする。これで次から移動が相当楽に♪

森を抜けたところでマイクロトフが迎えに。さぁ、カミューの待つロックアックス城に供に帰ろうではないかっ!!←正確にはゴルドーだが、気にしない。

ゴルド―と話して、交渉決裂。しょうがなく、翌日、もう一度話をすることに。

カミューに寝室まで案内される★ナナミに「今日はもう休む」か「もう少し見てまわるか」を聞かれる。もちろん、見てまわります!!城内をウロウロ。カミューとマイクロトフの寝室はどこかをかなり必死でさがす。(見つからなかったけどね)

寝室探しに飽きて、寝たら、夜、レックナートが現れる。いいたいことだけ行って帰っていったよ、あの人。

翌日、ゴルド―の部屋へ行ったら、ミューズ方面から王国軍が攻めてくるという知らせが届く。ここはマチルダに協力しなくては!!っと、主人公も軍を出すことに。

流民が王国軍に殺されていく。

戦争イベント後、1人でミューズへ行こうとするマイクロトフを頼むとカミューから頼まれる。そいつはもう、カミューの頼みとあってはやらないわけには行かないとマイクロトフの後を追う。

街道の町へ。
宿屋でフッチ、ハンフリーと会い、ハンフリーと話をし、いき投合!!(?)ハンフリーたちはハルモニアに竜について調べに行くらしい。ハンフリーに気に入られ、宿に泊まらせてもらうことに。フッチの親友、ケントという男の子が1人で洛帝山へ。翌日になっても帰ってこないので探しに行くことになる。

スポンサーサイト